話題のレーザー脱毛器で行う、自宅VIO脱毛!

トリアの機能まとめ

トリアが他の家庭用脱毛器と大きく違うのが、ダイオードレーザーを光源として採用した脱毛器です。今回、この「トリア」シリーズの最新モデル「トリア4X」に関して、より詳しくお伝えしたいと思います。

アメリカFDAが認可した家庭用脱毛器

トリア4Xはダイオードレーザーという、もとは工業用や医療用として使用されていたものを脱毛の施術用にしたレーザーを使用しています。医療レーザー脱毛と同じ光源を採用しているというと、病院で行う永久脱毛が気軽にできるのではと考える方もいると思います。残念ながら、家庭用脱毛器では永久脱毛をする事は出来ないのです。医師免許を持たないものが永久脱毛をすることは、違法行為となりますので、永久脱毛効果が無いのは明らかです。これは、トリア4Xに限らず全ての家庭用脱毛器にもいえる事です。永久脱毛はできないものの、それに近い脱毛や減毛については、「トリア4X」は脱毛サロンや他の家庭用脱毛器と同じく、効果が期待出来そうですよ。

トリアの口コミ&評価

トリアと同様、トリア4Xについても、皮膚にレーザー脱毛特有の強い痛みがあります。ですが、痛いけど脱毛や減毛の効果が感じられるので続けている、という方もいるようです。人によっては表面麻酔を個人輸入して痛み対策として使用する人もいるようです。照射面積が狭いので広範囲の脱毛には手間がかかってしまいますが、手足の指など、細かいところの脱毛はしやすいのが特徴です。今まで使用して脱毛器と違い、カートリッジ交換をする必要がないというのは、最大の魅力ですただし、カートリッジ交換が必要ないのはお手軽なのですが、バッテリーが消耗してしまった場合にはメーカーにて新しいバッテリーに交換してもらう必要あります。レーザー脱毛にこだわりのある方にとっては、唯一の選択肢とも言える脱毛器です。

間もなく終了のキャンペーン!

トリアプレシジョンの口コミ・効果

トリアプレシジョンのクチコミ

トリアプレシジョンの評判を見てみると概ね高評価のようですが、それと同時に、バッテリー持ちが悪いというコメントも見られました。残念なことに、トリアプレシジョンは充電しながら使用できません。レーザー照射は充電が完了した後でないとできないため、使用前に充電しておき、使用後は忘れずに充電する必要があります。電源を挿したまま使用できれば便利でしょう。

トリアプレシジョンの特徴詳細

トリアプレシジョンには他の脱毛器と全く異なる点があり、光源にダイオードレーザーを採用した脱毛器となっています。この「トリア」の最新モデル「トリア4X」について詳しく調査しましたので、特筆すべき機能や詳細スペックなどを紹介していきます!

米国FDAの認可を受けた家庭用のレーザー脱毛器

「ダイオードレーザー」でトリアプレシジョンで脱毛で使用される医療レーザーが光の源ですダイオードレーザーを採用していると聞くと、それで脱毛すれば永久脱毛ができる、と思うかもしれません。とはいっても、家庭用脱毛器なので、永久脱毛することは出来ません。日本の法律上、「永久脱毛」は医療行為であり、医師免許を持つものしか施術をしていはいけないことになっていますので、永久脱毛効果が無いのは明らかです。よくある脱毛サロンも家庭用脱毛器と同じで、医療機関で医師が施術するわけではないので永久脱毛はできないのです。永久という訳にはいかなくても、脱毛や除毛については、脱毛サロンや他の家庭用脱毛器と遜色なく期待できるでしょう。

トリア4Xと比較して、小型!

トリアプレシジョンはトリア4Xと比べて半分以下に軽量化されています。584gのトリア4Xと比べて 、それに対してトリアプレシジョンは200g。脱毛すると手がクタクタ…ということも減りそうです。トリアやラヴィドゥなどの充電式脱毛器のデメリットは、重さが最も難点なので、200gにまで軽くなったというのは、利用者である女性に優しい改善だと言えます。しかし、これほどの軽量化により、バッテリー容量は低下してますので、バッテリーの持ちがポイントになってきますね。

【間もなく終了】キャンペーン